アディポネクチン最近注目されてるけどそんなにいいの??

menu

アディポネクチンの効果と口コミ

アディポネクチンを改善する方法をまとめると意外とシンプルだ!

超善玉ホルモンと言われるアディポネクチン、血液中に分泌されているその数値を、血液検査を行う事で簡単に知る事が出来ます。
通常は5~10μg/mlで、4μg/ml以下になると生活習慣病のリスクがかなり高くなるという事です。
100歳以上の方のアディポネクチン値は、平均値20.3μg/mlという調査結果もありますので、数値は高い方が長生きできるとも言えるでしょう。

アディポネクチンを改善する方法など知らずに長生きされた方々は羨ましい限りですが、アディポネクチンの存在を知り、数値を改善する事で健康でいられると知った私たちは、アディポネクチンの数値を改善する方法を良く知り、日頃から増やす努力を心がけるという事をしておきたいですね。

アディポネクチンの数値を改善するには?

具体的にアディポネクチンの数値が改善する方法とは、どんなものがあるのでしょうか。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、内臓脂肪が多いと分泌量が逆に減るという事もわかっています。内臓脂肪は必ずしも、メタボ体系の人が多いとも限りません。まずは内臓脂肪の量を減らして適量を目指すのが、アディポネクチンを改善させるための方法と言えます。

 

食事の改善でアディポネクチンを増やす方法

アディポネクチンを増やす食材については、最近の研究で分かったものやアディポネクチンを増やすが多い人に共通する成分などがあり、それらを摂取する事で、アディポネクチンの数値を改善させるという方法があります。

青魚が多く含むEPAや、コーヒー、βコングリシニンを含む大豆製品、アスタキサンチンを含む紅鮭やいくら、マグネシウムを多く含むナッツ類や海藻類、シークワーサーやミドリムシなどもアディポネクチンを増やし、改善する効果があるのです。
外食やブレイクタイムに、これらの食品の入った食事をとる事を心がけるといいですね。

 

運動の改善でアディポネクチンを増やす方法

アディポネクチンを増やすには、内臓脂肪を減らす事が一番の改善方法と言えますね。脂肪を減らすのは大変と思いがちですが、内臓脂肪は皮下脂肪より先に燃焼されます。
ダイエットっと思って激しい運動をする必要はなく、有酸素運動と言われるウォーキングやジョギング、サイクリングなどで十分です。有酸素運動も以前は20分以上続けて行わないと効果がないと言われていましたが、最近の研究では、1日のトータルで20分以上あれば十分効果が期待できるのです。となれば、何とか20分間の運動をなどと意気込まなくても、気軽に始められますね。

生活習慣の改善でアディポネクチンを増やす方法

そもそも、なぜアディポネクチンの分泌が減ってしまうのか、それは普段のちょっとした「まあいいか」が原因だと思いませんか?年齢と共に基礎代謝も下がっているのに、若いころと同じような食生活を続けていたり、運動がおっくうになり休みの日はうちでゴロゴロ。そいった普段の積み重ねが、メタボリックシンドロームをまねき、生活習慣病と言われる高血圧、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化を招いてしまうのです。
病気を発症してしまう前に、普段の生活習慣をもう1度見直す必要がありそうですね。

サプリメントによる改善でアディポネクチンを増やす方法

運動したり食事に気を付けたりいきなりはハードルが高いと思う人や、短時間に効果的アディポネクチンを改善したい方には、サプリメントから始めるという方法もあります。
アディポネクチンを増やす効果のある栄養素を含んだものや、脂肪の分解を促すものなど様々ですが、まず一歩を踏み出すことが大切です。

私が利用しているのが、専門家が開発したサプリメントです。
本来ならば豆腐2丁半とか食べなければならないところを、やはりサプリだと気軽にとれるので嬉しいです。
アディポネクチンの効果と注目され始めてる3つの理由!

 

 

100歳まで長生きしたいとは思いませんが、健康でありたいと願う気持ちは皆さん同じではないでしょうか。
毎日キチンと運動をして体重は何キロ減が目標、1日30品目を目指しバランスのとれた食事をしてと、ストイックに続けるのはなかなか難しいもの。そこで目標を、アディポネクチンを増やすという身近なものにする事で、近い目標をまずはクリアする事から始めてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アディポネクチンを増やすために開発されたサプリ